杉山麻衣子

3歳よりスズキメソードでバイオリンを始める。 高校生の時にオーディションに受かりオーストラリアでサンサーンスのバイオリン協奏曲を ブリスベーン・シンフォニーオーケストラと共演。 大学で木田雅子、宗倫匡に師事。大阪国際コンクール1位及び特別賞大阪知事賞。 バルトークのバイオリン協奏曲をオペラハウス管弦楽団で共演。 ほかミュンヘンなどヨーロッパにて演奏旅行。 神戸国際学生音楽コンクール(アンサンブル部門)で最優秀賞とあわせて神戸市長賞受賞。 大阪音楽大学 首席卒業。東京YAMAHA新人演奏会に出演。 他多数受賞。東京芸術大学別科卒業。 ドイツ ハンブルグ音楽・演劇大学入学。(Hamburg musik hochshule) コルヤ・ブラッハー(元ベルリンフィルコンサートマスター)に師事。 その後アメリカに渡りクリーブラント音楽大学教授のポールカンターに師事、 ケンタッキー州、デンバー、クリーブラント各地でソロの演奏ツアーを行う。 兵庫芸術文化センター管弦楽団レジデントプレイヤー(芸術監督・佐渡裕) 現在東京在住。 ☆劇場版名探偵コナンでコナン役でバイオリン出演(2008年4月19日公開) ☆アニメ・ゴルゴ13でBGMや第七話のバイオリニスト役(2008年5月TV)  ☆B’z C'monのアルバムで4曲参加(2011年) ☆ゲームカオスヘッド(歌:いとうかなこさん)エンディング 他多数出演

高校生の時から北大阪支部ユングゾリステンのコンサートマスターを勤め 10年以上楽団を支えてきた先駆者。 杉山實亡き後、指揮者代理として音楽監督を兼任。 母親である杉山笙子はバイオリニスト葉加瀬太郎の幼少時の師で、 その遊び心あるバイオリンの教えをしっかりと受け継ぎつつも ヨーロッパの伝統的で哲学的な音楽の教養も併せ持つ独特の雰囲気が魅力。 その個性的な音は深く色気のある音楽。 ロックやタンゴも好み、大学時代にはアストル・ピアソラにハマり弦楽器6人のバンド "Leaf of JOUNG(元もみじ)"を組んでピアソラの四季などを演奏。 当時ギドンクレメルが出したエイトシーズンズを編曲し、 クローバーと共に梅田HEPFIVEでのLIVEやクロアチアの演奏旅行でも好評を博す。 ロックについては大学生の頃にはエレキバイオリン等でバンド活動をして、オリジナルなども発表。 他にJAZZやジブリメドレーなどをバンドでアレンジしLIVEハウスなどで演奏。 2005年にはアメリカのケンタッキー州で毎年開催されるJAZZコースに初参加、出演。 インディアナ大学の教授などに賞賛されJAZZ科を薦められる。 現在東京・大阪などさまざまな方面で活躍し、杉山笙子助手としても活動中。


杉山麻衣子へのお問い合わせは calmadephysis@msn.com まで。

 

 

こんにちは。才能教育研究会(スズキ・メソード)杉山ヴァイオリン教室のページにようこそ!

大阪市阿倍野(昭和町駅)・吹田・千里に三ヶ所の教室があります!

 

<生徒募集中!>教室・合奏などの見学を随時受け付けております!

お問合わせはこちらから

 

<出張演奏>保育園・幼稚園などへの出張演奏承ります!

お問合わせはこちらから